スポンサーリンク

待機時の自由行動を追加する

↓よろしければボタンをご利用ください。

公式AIは、待機時は視界内に敵がいないか探すだけなので、主人の近くでじっとしています。

公園で犬が走り回って遊んでるみたいに、自由に歩き回るようにしてみましょう。

まず、AI.luaの最初のほうに設定用の変数を追加します。

PatrolRange は、最大でも 13 くらいまでにしましょう。
主人が移動したとき、反応が遅れてホムが画面外に出ると動かなくなります。

Interval は、移動が終わるまでに次の移動が始まらないようにするための時間設定です。

では、実際の処理を追加しましょう。
AI.luaの230行目あたりに OnIDLE_ST () があり、
一番最後(索敵処理のあと)に機能を追加します。

スポンサーリンク

↓よろしければボタンをご利用ください。

↓更新情報のチェックにご利用ください。