生放送の配信ソフトをNLEからOBSに変更した

Pocket

6月になって最近流行りのPUBGを買ったのですが、

私のPC環境ではスペックが足りてないようなので、

とりあえず放送できるかテストしてみた。

結果はダメでした。

1秒ごとに画面が変わるような状態で、プレイも放送もできない。

放送は諦めてゲームの軽量化設定を調べて試してみたところ、

プレイするだけなら問題なくできました。

それから数日後、配信ソフトを変えてみることを思いついたので試してみると・・・、

なんと、問題なくプレイも放送もできたのです!

NLE ってそんなに重かったのか・・・(^_^;

そしてOBS、ありがとう!

今まで放送してたゲームは処理が軽いものだったので、

どちらを使っても問題なく放送できてしまって、違いがわからなかったのです。

NLEの利点は、画面にコメントが表示されるFlashコメントジェネレータが使えるということです。

OBSの利点は、

マイクの音量を増幅したり、ノイズを除去したりする各種フィルタがあったり、

「ゲーム画面」から「しばらくお待ちください画面」に切り替えたりするときに、

フェードインしたり、紙芝居のように入れ替えたりする機能があったり、

UIがとてもわかりやすい、など色々あります。

百聞は一見にしかず。みなさんも是非、OBSにしましょう!

最後まで読んでくれてありがとう!

フォローする